どうも。人の顔を覚えるのが苦手なあらみです。

来店したお客さんの中にちょっと個性的な方がいました。
色々と形容しがたいのですが

わかりやすく言うと全面的にゴリラ

何だか仕草やら歩き方がゴリラっぽいんですよね。
別に悪口とかじゃなくて本当に「ああ、ゴリラだなあ」って。

そして、そのゴリ(陰で呼んでる)はどうやら1年ぶりに来店したらしいのですが
まったく見覚えがないんですよね。

私は高校生のときも今の店でアルバイトをしていて
その頃、頻繁に通っていたお客さんらしく、絶対知っているはずだと店長からも
言われたのですが1ミリも覚えていませんでした。

ついでに店長から「昨日の晩御飯は?」と聞かれましたが
そもそも食べたかどうかすら覚えていなかった私の記憶機能は
どうやら壊滅しているようです

 

 

変わったお客さんといえば昔、不審者が来店していました。
お客さんの話になると必ずと言っていいほど出てくる話題です。

私が高校生で、アルバイトを始めたばかりの頃です。

その頃は販売員さんにとても可愛い女の子が居ました。
彼女はよくお客さんにナンパされていて、彼女を目当てに来る男性客も何人か居たほどです。

あまりにも、しょっちゅうナンパされるものだから
一緒に仕事をしている販売員さんで気の強いY子さん(おばちゃん)がいつも撃退しました。

当時は冬で、お客さんもあまり居ない日が続いていました。

私は厨房担当だったので、仕込みや道具の手入れで年中忙しいのですが
販売員さんはお客さんが来ないと暇でした。
そのため、この時の様子は当時の販売員さんに聞いた話です。

そんな暇な日々に慣れた頃、息を切らしたおっさんが来店しました。

ジャージ姿のおっさんはハアハアと息が荒く、どこをそんなに見るんだと
思うほど狭い店内をキョロキョロと見まわしていました。

この時点で二人は「ちょっと、こいつやべーな」と思ったそうです。

そんな、やべーおっさんとバッチリ目が合ってしまった若い方の販売員さん(A子さん)。
レジの方へ近づいて来て、何やらニヤニヤと気持ち悪い笑みを浮かべたそうです。

二人は通報したが方が良いのではと思ったとのこと。
しかし、思いとどまりY子さんは
「このおっさんもA子ちゃん目当てなのでは?」と思ったそう。

しかし、そのおっさんは特に話しかける様子もなく、またまわりを見まわした後
テイクアウトの注文をして帰っていきました。

なんだったんだ、あのおっさん…。

その日はちょっと気持ち悪いおっさんが来たというくらいの認識だったのですが
そのおっさんは3日連続で来たんです。

2日目はレジに来て何か言いかけて、途中で顔を真っ赤にして退店し、

3日目も同じように何か言いたそうな顔をしていましたが、ニヤっと笑って
またテイクアウトの注文をして帰りました。

ここで接客をしていたA子さんが「あのおっさんが怖い」と怯え始めたのです。
それも仕方がないことでしょう。

接客はしないといけないし、特に口説かれるわけでもなく
ただ気持ち悪い笑顔を向けられるのですから。
Y子さんもさすがに「その気持ち悪いニヤケ面をどうにかしろ」なんて言えるはずもなく。

それから何週間かパッタリと来なくなり、忘れかけた頃。

 

また来たんです。やっぱりハアハア言いながら。

この時点でA子さんは恐怖で涙目になっていました。
Y子さんは「今日こそは通報」と心に決めて店の電話の近くにスタンバイ。

おっさんはいつものように二人の方を見てニヤッと笑い
レジに向かってきます。

そこで対面するA子さん。
後にY子さんから聞いたのですが「A子さんは無意識に3歩くらい引いていた」らしいです。

そんな怯え切ったA子さんにおっさんはやっと、まともな言葉を発しました。

 

おっさん「こんにちは。ちょっとお尋ねしたいことがあるのですが」

電話番号か?名前か?住所か?
何にせよY子さんが追い払おうと身を乗り出したとき、おっさんは言葉を続けました。

 

おっさん「あの・・・あらみさんは居ますか?」

 

販売員さん大混乱。

 

とりあえず私を呼びに来る。

Y子さん「何かあの犯罪者予備軍(おっさん)が、あらみちゃんに用があるって…。」

 

これ聞いたとき死ぬかもって本気で思いました。

 

おそるおそる厨房の窓から覗き込んでみると…。

 

…。

 

 

体育の先生かよ。

私が出ていくと「あらみー!食べに来たぞー!」と手を大きく振ってきます。

なんと、気持ち悪いおっさんは私の高校の先生でした。

私「先生、なんで息を切らしているんですか?」

先生「ジョギングがてらに学校から店まで来たんだ(自慢気)」

私「ものすごくキョロキョロしてましたね」

先生「あらみは、どこにいるのかな~って」

私「なんで、ちょっと顔が赤いんですか?」

先生「何か照れちゃって///」

 

40過ぎたおっさんが赤面してんじゃねーよ。

 

まあ、ものすごい恥ずかしがり屋なのは学校内で有名なので知ってましたが。

恥ずかしがり屋であると同時に、ものすごい豆腐メンタルなので
とりあえず店の人達がどう思っているかは伏せて、適当に雑談をして追い払いました。

それから、たまに来店してくれるようになり
5年経ち、先日久しぶりに娘さんと一緒に来店してくれました。

相変わらず気持ち悪い笑顔(先生にとっては精いっぱいの笑顔。慣れれば愛嬌があります)
でしたが、元気そうで何よりです。

そして今でも不審者呼ばわりされて伝説になりかけていることは言えません。もどかしい。

どんなに、やばそうなヤツでも通報する前に知り合いかどうかを
きちんと確認することをお勧めします。