どうも。音楽ゲームが好きだけど別にうまくない、あらみです。
なんなら平均以下です。

先日、気分転換に近場のゲームセンターに行きました。
さっき書きましたが、私は音楽ゲームが好きです。
よく知られているのは太鼓をリズムよく叩くゲームでしょうか。

ゲームセンターには音楽ゲームがいくつかありましたが
最近友達がやっているというゲームがあったので
それで遊ぶことにしました。

先にプレイしている人がいて、どうやらベテランのようでした。
そのゲームはリズムに合わせて手で画面をタッチしたりスライドするもので
マイ手袋なんてものを持っている人までいるそうです。

きっと画面上での手の滑りをよくするための物でしょう。
当然、目の前でプレイ中の方はマイ手袋を装着していました。

私が近付くと、ちょうどプレイが終わったらしく
ベテランさんは荷物をまとめて離れていきました。

彼の手袋は何故か指ぬきグローブでしたが
深く考えないことにします。
ちなみに指ぬきグローブとはDAIG○がよくつけてるやつです。

この音楽ゲームはプレイするにあたってレベルが選べます。
それが4段階ほどあるのですが
とりあえず中間の2段階目で遊んでいました。

途中調子に乗って最も難しい4段階目に挑んでみましたが
出てくる音符は目で追えるものではありませんでした。二度とやりません。

私がプレイしたゲームは100円で3曲遊べます。
結構人気なゲームらしく、1プレイしたら次の人に交代するのですが
その日は後ろを見ても特に誰も並んでいなかったので、そのままプレイ続行。

途中でふと視線を感じて後ろを見ると、小学校低学年くらいの女の子が
ベンチに座ってこちらをじっと見ていました。

このゲームをやりたいのかな?と思いつつ
曲を選びます。

ちょっと大人げない私は子供相手にいいところを見せようと思い
少し慣れた曲を3段階目の難しさで

そこそこクリアしてみせました。

ふっ…どうだ慣れているだろう…!

そこそこクリアした私は大満足して手早く荷物をまとめ
ドヤ顔で女の子の隣に座りました。
すると私が座ったと同時に女の子はすっと立ち上がり
音楽ゲームにお金を投入しました。

お?やるのかな?と思ってみていたのですが
その女の子は身長がとても低いのです。

私は150cm前半なのですが、このゲームだと譜面によっては
ちょっとつま先立ちがいるくらいの結構大きい画面なのです。

女の子は130cmほどでしょうか。どうみても一番上まで届かないのです。

しかし、女の子は既にお金を投入してしまいました。

あれくらいの子供にとっての100円なんてどれほど貴重なものか…!
さっき私がクリアを見せつけたことでやりたくなってしまったのでしょう。

きっと女の子はあとで駄菓子が買えたと泣くことになるんだ…。

そんな妄想をしていると
30代くらいの男女が近付いてきました。

二人は女の子の方へ近づきます。
どうやらお父さんとお母さんのようでした。

お父さんは何か持っています。

そして、それを女の子の足元に置きました。

それはピンクの可愛い踏み台でした。

マイ踏み台。

 

まじかよ。

それに乗った女の子は光の速さで曲を選択。
私が遊んでいた曲でした。

難易度4段階。

 

まじかよ。(2回目)

 

ものすごい速さで繰り出される音符を
次々に打ち、高得点をバンバン出していきます。

曲が終わり、見たことないような点数が表示されていました。

すると女の子が傍で見ていた両親に

女の子「まあ、このくらい出せないと、このゲーム面白くないよね~」

女の子(チラッ)

アッコイツ

その次に選択した曲も私が遊んでいたものでした。

なんということでしょう。あの女の子は私がギリギリでクリアして
ドヤ顔していたのをしっかりと見ていたのです。

それから私がプレイした曲をやってみせるなんて…。

「まあ確かに?ギリギリだけど?クリアしたし?」

「3段階も4段階も、たいした変わりはないんじゃないかな~~~」

と自分に言い聞かせていると
女の子が踏み台から降りました。

どうやら3曲終わったようです。

私はまだ前の戦い(プレイ)の傷が癒えてなかったので回復に徹するべく
その場から動きませんでした。決して初心者が入れる空気じゃなかったとか
ギリギリでクリアできて年下の子にドヤ顔見せつけてたのが恥ずかしくなったとか
そういうのではないです。指がね?素手だからちょっと痛めたかな~みたいな?

女の子が踏み台を撤収すると
お父さんとお母さんが音楽ゲーム機の前に立ちはだかりました。

このゲーム機は2Pモード(二人で同時に遊ぶ)で遊ぶことも可能なのです。
そして、お父さんがバッグから何か取り出し、お母さんに渡します。

それはマイ手袋でした。

お母さんは慣れた手つきで装着し、お父さんもまた装着します。

曲が始まり、見たことない量の音符を確認したところで
私は他のゲームをしに、その場を離れました。

だって気分転換に来ただけだし☆
他のゲームもしたいじゃん☆ミ

最近流行りの一つ目マスコットのUFOキャッチャーで1000円溶かしたところで
さっきの音楽ゲームのところに戻ってみました。

そこには、もう誰もいませんでした。

…。

私だって…。

 

手袋があれば高得点が出せるんだ…!

 

視線を落とすと音楽ゲームの機械のそばに
とてもきれいとは言えないようなプラスチック製のかごの中に
これまた、きれいとは言えない軍手が山ほど入っていました。

そのうちの1組を手に取り、手に装着!

…しましたが何やら湿っている(ほんのり人肌)

 

そっと外すと指先がねっとりしてる。

 

うちに帰りました。

気分転換は人の目を気にせず自分のやりたい事をやるのがいいと思います。

そういや…あの夫婦も指ぬきグローブだったなあ…。